唄三線のある日常。        愛器「二つ星小」          (たーちぶしぐゎー)。         


by niraikanai76

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

カテゴリ

唄三線
三線独学のススメ
沖縄以外の音楽のこと
沖縄新婚旅行(三線探しの旅)
沖縄考
介護のこと
映画
読書
父親になった
ひとりゆんたく
酔狂歌人のこと
酔狂歌人にメールする
食材確保の魚釣り

以前の記事

2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2007年 11月
2007年 10月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月

オススメリンク

お気に入りブログ

やいまぬ風
有言、いつか実行。
三線弾きはカジマヤーで魂...
島々のくも

ライフログ


はじめての三線―沖縄・宮古・八重山の民謡を弾く


風狂歌人~ザ・ベスト・オブ嘉手苅林昌~


よなは徹 プレゼンツ カチャーシー・ア・ゴーゴー


連続カチャーシー2005


よなは徹 プレゼンツ ウチナー わらべうた

最新のトラックバック

検索

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧

妻は、○○がトラウマ。だった。

何がトラウマなのか。「沖縄が」です。

昨年の沖縄旅行。私は「大満足」だったのですが、
妻は「つわり」のおかげでそのほとんどの時間を
ホテルのベッドでぐったりして過ごしていました。
つわりは辛いもの。妻の中では
「つわり=辛い=沖縄」という図式が出来上がってしまいました。

昨年の夏の終わり頃までは、私が沖縄の話を自粛するくらい
ひどかったのですが、最近息子が生まれてから
その感情に変化が出てきたようです。

「実はおなかの中にいた息子と一緒に行った沖縄へ、息子を連れてまた行きたい」
と言うのです。

嬉しい申し出です。母親になって(実際に息子を目にして)
気分が変わったのかもしれません。
次はいつ行けるでしょうか。

しかし、妻が「沖縄トラウマ」から回復してくれて、本当に良かったです。
カレンダー・シーサー・書籍…
そして何より一番沖縄らしい「三線」が我が家には鎮座しておりますから…。
by niraikanai76 | 2006-03-02 22:05 | ひとりゆんたく