唄三線のある日常。        愛器「二つ星小」          (たーちぶしぐゎー)。         


by niraikanai76

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

カテゴリ

唄三線
三線独学のススメ
沖縄以外の音楽のこと
沖縄新婚旅行(三線探しの旅)
沖縄考
介護のこと
映画
読書
父親になった
ひとりゆんたく
酔狂歌人のこと
酔狂歌人にメールする
食材確保の魚釣り

以前の記事

2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2007年 11月
2007年 10月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月

オススメリンク

お気に入りブログ

やいまぬ風
有言、いつか実行。
三線弾きはカジマヤーで魂...
島々のくも

ライフログ


はじめての三線―沖縄・宮古・八重山の民謡を弾く


風狂歌人~ザ・ベスト・オブ嘉手苅林昌~


よなは徹 プレゼンツ カチャーシー・ア・ゴーゴー


連続カチャーシー2005


よなは徹 プレゼンツ ウチナー わらべうた

最新のトラックバック

検索

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧

口癖

地元所沢の友人で、沖縄出身の人がいます。
この人と、私はよく一緒にお酒を飲んだり
ご飯を食べたりして遊んで頂いているのですが。

彼の口癖です。
「ヤマトの酒飲みは、だらしがない」
「南風原町に、ありがとうと言え」


以上の二つ。彼の口癖なのです。

彼と飲むときは、泡盛です。
私はお酒も好きですし、結構飲めると思っていたのですが
彼にはかないません。彼と飲むと、いつも私は泥酔しています。
ペースが速く、乗せ上手です。(毎回懲りずに乗せられる私も問題ですが。)
そんな泥酔の私に、彼は
「沖縄の、ノリのいいやつやってくれ」
なんて言うのです。もう、これは拷問です。
まともに三線なんて、弾けません。

さらにある時、一緒に飲んでいました。
彼は、翌日仕事。私は、翌日休み。でした。
彼の家で酔いつぶれ、そのまま宿泊させていただいたのですが
朝起きると(本当は昼頃)、私の額には「ヤマトの酒飲みは、だらしが無い」
と書かれた紙がセロテープで貼ってありました。

彼と飲むと、彼の郷里である「南風原町」の野菜などが食べられます。
実家から送られてくるのだとか。とても美味しいんですよ。
この食べ物を頂く前に、彼は私にこう言います。
「南風原に、ありがとうと言いなさいよ」

私は「南風原町様、ありがとうございます。頂きます。」
ときちんと毎回挨拶しています。(させられている?)

彼は、今まで沖縄の事をあまり良く思っていなかったようですが
最近は、気持ちに変化が出てきたようです。
お母さんの話をする彼が、とても良い感じなのです。

大城君、君が南風原の事をとても大好きなのを
私は良く知っていますよ。
by niraikanai76 | 2006-03-15 23:46 | ひとりゆんたく