唄三線のある日常。        愛器「二つ星小」          (たーちぶしぐゎー)。         


by niraikanai76

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

カテゴリ

唄三線
三線独学のススメ
沖縄以外の音楽のこと
沖縄新婚旅行(三線探しの旅)
沖縄考
介護のこと
映画
読書
父親になった
ひとりゆんたく
酔狂歌人のこと
酔狂歌人にメールする
食材確保の魚釣り

以前の記事

2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2007年 11月
2007年 10月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月

オススメリンク

お気に入りブログ

やいまぬ風
有言、いつか実行。
三線弾きはカジマヤーで魂...
島々のくも

ライフログ


はじめての三線―沖縄・宮古・八重山の民謡を弾く


風狂歌人~ザ・ベスト・オブ嘉手苅林昌~


よなは徹 プレゼンツ カチャーシー・ア・ゴーゴー


連続カチャーシー2005


よなは徹 プレゼンツ ウチナー わらべうた

最新のトラックバック

検索

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧

公園唄三線 4月4日  「皆さんに感謝」の日

公園で、唄三線しました。
いやぁ、今日の埼玉県所沢市は気温も高く
ものすごく良い天気でした。
花見には、最高の日です。主役の桜も、今日の様子では
そろそろ散り始めていましたので、今日が一番の見ごろでしょう。

こんな日は、さすがに人出も多いです。
公園は、ご覧のような状態でした。
f0010549_16253711.jpg


公園内の、どこもかしこも人だらけ。
駐車場には長蛇の列。平日だというのに、すごいです。
(私は自転車なので、無関係。)
しかし…いつも思うのですが、お店などの駐車場の列ならば
程なく順番が回ってくると思うのですが、公園というのはみなさん
ある程度の長い時間を使って「憩い」に来ているのだと思うのです。
列を成して待っていて、空くんでしょうか?不思議です。
お店の駐車場などより、回転率が悪いことだけは確かでしょう。

さて、私は人だかりを避けて端っこの方で練習していました。
一時間ばかり練習しましたが、落ち葉の量が半端じゃありません。
落ち葉の無いところで練習したい!! 風も幾分あったので
工工四やケースの中に飛び込んできて、えらいことになっていました。

三線などを片付けて、移動です。
ふらふらとケースを持って歩いていると…
女性が二人。三線のケースらしきものを持って
歩いています。
「すいません。それ、三線ですよね。」
私は声をかけてしまいました。
「はい…あ、同じですね。」と女性の一人。
私、完全に不審者です。
下心は、ありませんよ。

さて、今度は池の側。
小さい石が椅子のように配置してあります。
ここで、練習です。

しばらく弾いていると…。
年配の女性が2名。
「良い音ですねぇ。」
声を掛けてくださいました。
最近覚えた「ヒンスー尾類小」と「花ぬ風車」を披露。
喜んでいただけたようです。
「これ、さっき買って。食べようと思ったけど
お兄さん食べてね」
とサンドイッチを頂いてしまいました。

しばらくすると、池の周りに子供が…。
かなりの人数です。
三線を弾く私の周りで、ちょろちょろと遊んでいます。
私が座っている石は、ひとつではありません。
飛び石のように何個も配置されています。
ここで、子供達が石の上に乗って遊んでいるのを
毎日見かけます。

「ひょっとして、石で遊びたいのでは??」
と思った私は、撤収準備。
ケースを持って、また移動します。

でも、何だか右手がずいぶん疲れていました。
それもそのはず。
正午から約4時間。時計の針は午後3時50分を指していました。

「帰ろうかな」
そんなことを考えて、歩いていると…。
花見の年配の女性の集団とすれ違いました。
花見客がたくさんいる場所です。
その中のお一人が
「ちょっと、お兄さん。それ、楽器?」
声を掛けてくださいました。
「はい。そうです。三線です。沖縄の三味線」

「え~。すごいすごい。」
「ちょっとやって見せて!!」

「え!?ここでですか?」
自分ひとりなら、絶対にやらない場所です。
花見客のど真ん中。

「うん。あ、ここにベンチがあるから、ここで」
と場所まで指定されてしまいました。
もう、逃げられません。

では…。
登川誠仁さんの「島の花」
沖縄民謡「恋の花」(最近練習しました)
を披露。
どちらもあまり普段は歌いません。
「あぶない!!」と思うような箇所もありましたが
どうにかこうにか歌いきりました。
他の花見の方々からも拍手を頂き
とてもうれしかったです。

普段よりも人出が多いと、こういうこともあるみたいです。
でも、本当は…風邪の病み上がりでなければ
夜に来たかったですね。
良い具合に出来上がったオヤジさん集団に
混じって花見が出来ますから。
まぁ。いいか。今日は今日で楽しかったし。
今日が楽しめたのも、公園に来られていた皆さんのお陰です。
どうもありがとうございました。

桜は、来年もあるし。
夜桜は、次の目標にしよう。
by niraikanai76 | 2006-04-04 16:58 | 唄三線