唄三線のある日常。        愛器「二つ星小」          (たーちぶしぐゎー)。         


by niraikanai76

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

カテゴリ

唄三線
三線独学のススメ
沖縄以外の音楽のこと
沖縄新婚旅行(三線探しの旅)
沖縄考
介護のこと
映画
読書
父親になった
ひとりゆんたく
酔狂歌人のこと
酔狂歌人にメールする
食材確保の魚釣り

以前の記事

2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2007年 11月
2007年 10月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月

オススメリンク

お気に入りブログ

やいまぬ風
有言、いつか実行。
三線弾きはカジマヤーで魂...
島々のくも

ライフログ


はじめての三線―沖縄・宮古・八重山の民謡を弾く


風狂歌人~ザ・ベスト・オブ嘉手苅林昌~


よなは徹 プレゼンツ カチャーシー・ア・ゴーゴー


連続カチャーシー2005


よなは徹 プレゼンツ ウチナー わらべうた

最新のトラックバック

検索

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧

車とお別れ

6年間乗り続けた車と、おさらばすることになりました。
「なんくるないさ号」です。

今月で車検が切れるのですが、車自体の状態と
車検の費用を考慮した結果、「車検を通しても長くは無いだろう」
という判断を下して、愛車とおさらばすることに決めました。
そのうちに「なんくるなくならなく」なるだろう。という判断です。
(分りづらくてすみません。)

平成5年式のスプリンターマリノ。
思えば、この車とは色んなところへいきました。
伊豆・名古屋・新潟・関東一円
長野…
と、思い出が次々に蘇ります。
一番の思い出は、栃木の「那須サファリパーク」に
嫁さんといったときの事です。(当時はまだ「彼女」でした。)
動物達への餌をケチったことから
山羊のような動物に、ミラーを思いっきり齧られたのです。
動物のエリアを出る頃には
「なんくるないさ号」はいろんな動物のよだれで、
車体全体がベトベトになってしまいました。

色んな楽しい思い出を振り返りながら
私は感傷に浸っているのですが
車はいつもと変わらず、ただそこに停まっているだけです。
これがまた、悲しくなります。
by niraikanai76 | 2006-04-08 17:30 | ひとりゆんたく