唄三線のある日常。        愛器「二つ星小」          (たーちぶしぐゎー)。         


by niraikanai76

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

カテゴリ

唄三線
三線独学のススメ
沖縄以外の音楽のこと
沖縄新婚旅行(三線探しの旅)
沖縄考
介護のこと
映画
読書
父親になった
ひとりゆんたく
酔狂歌人のこと
酔狂歌人にメールする
食材確保の魚釣り

以前の記事

2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2007年 11月
2007年 10月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月

オススメリンク

お気に入りブログ

やいまぬ風
有言、いつか実行。
三線弾きはカジマヤーで魂...
島々のくも

ライフログ


はじめての三線―沖縄・宮古・八重山の民謡を弾く


風狂歌人~ザ・ベスト・オブ嘉手苅林昌~


よなは徹 プレゼンツ カチャーシー・ア・ゴーゴー


連続カチャーシー2005


よなは徹 プレゼンツ ウチナー わらべうた

最新のトラックバック

検索

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧

他人様の唄三線

最近は、
他の人がやる唄三線を聴かせて頂く機会が増えたような気がします。

今までは一人でやっていただけですから
当然自分の演奏以外には、三線を弾く人の姿はありません。

他の人の演奏や歌を聴くと、勉強になることが沢山あります。
いかに自分がガチャガチャとうるさく弾いていたか。
どんな装飾音を使っているのか。
その他諸々、いろいろなことに気付くわけです。

驚くのは、私の三線を弾いていただいても
私が演奏するときと同じ音はしない。ということ。
もちろん、ある方から教えていただいた

「自分で弾くときと、他人が弾いているときとでは
自分の耳と音源である三線との位置関係が違うから
同じ音には聴こえない」

というのを前提にしても、あまりに音が違いすぎます。

これは
「弾く人の個性」というものなのでしょう。

私もなるべく人に
「良い音だねぇ」と言われるような弾き方をしたいと思います。

ある人が弾く三線の音色は、ものすごく優しい音がします。
これには驚きました。
どんな三線でどんな曲を弾いても、優しい音がしていました。
by niraikanai76 | 2006-04-14 21:15 | 唄三線