唄三線のある日常。        愛器「二つ星小」          (たーちぶしぐゎー)。         


by niraikanai76

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

カテゴリ

唄三線
三線独学のススメ
沖縄以外の音楽のこと
沖縄新婚旅行(三線探しの旅)
沖縄考
介護のこと
映画
読書
父親になった
ひとりゆんたく
酔狂歌人のこと
酔狂歌人にメールする
食材確保の魚釣り

以前の記事

2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2007年 11月
2007年 10月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月

オススメリンク

お気に入りブログ

やいまぬ風
有言、いつか実行。
三線弾きはカジマヤーで魂...
島々のくも

ライフログ


はじめての三線―沖縄・宮古・八重山の民謡を弾く


風狂歌人~ザ・ベスト・オブ嘉手苅林昌~


よなは徹 プレゼンツ カチャーシー・ア・ゴーゴー


連続カチャーシー2005


よなは徹 プレゼンツ ウチナー わらべうた

最新のトラックバック

検索

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧

公園唄三線4月18日<しだれ桜は大人気・私の唄三線は不人気>

本日、公園で唄三線をしてきました。
今日の所沢は快晴で気温が上昇。
これ以上無い「外三線日和」です。

公園の中をまずは場所探し。
自転車に乗り、グルグルと公園内を回ります。
しばらく自転車に乗っていると…
とても目立つ木を発見しました。
f0010549_1654829.jpg


しだれ桜です。
大きさや貫禄では「雑誌に載るような有名な桜」
にはとてもかないませんが、公園内でひときわ目立っていました。
さらに、この周りには多くの人たちが写真を撮ったり
敷物を敷いてくつろいでいました。
自分もこの桜の近くで唄三線をしたかったですが
今回はあきらめました。

いつもは芝生の場所に、お気に入りの敷物を敷いて
唄三線をしているのですが、今日はベンチを使ってみました。

こんな具合です。
f0010549_16575077.jpg


ベンチを使うと、使える場所が限られてしまうので
あまり好きではありませんが、椅子に座って練習できるというのは
大きな魅力です。

ここで唄三線をしていると…
知っている顔に出会いました。
職場の他部署の人です。
犬の散歩をしていたようです。

「いや~、聞いてはいたけど
良い趣味持っているんだねぇ。」

「はは、どうも。」

「それだけできるなら、職場で年寄りにも聞かせてあげればいいじゃない」

「いや~、人前でやるのが苦手ですし…。
ここの方が落ち着きます」

「何言ってんの。ここだって人前じゃないのよ(笑)」

「あ、そうですね」

とこんなやり取りをしました。
地元で働き、地元で趣味をやる者の宿命です。
今までにも、何人かの職場の人に出会いました。

私は、この公園が本当に大好きです。
唄三線をする前から、散歩やくつろぎに来ていました。
芝生と樹木が、良い感じなのです。
f0010549_174291.jpg


上の写真。真ん中あたりに見える像のようなものは
「少年飛行兵の像」です。
この公園は元々日本陸軍の大きな飛行場だったと聞いています。
日本陸軍飛行場→米空軍基地→航空公園という変遷です。

今でも職場以外でお年寄りと話している時に
「家は所沢です」というと
「あぁ。飛行場のな」
と言われたりします。
昔は有名だったみたいです。所沢。

さて、今日はコーヒーを買っていきました。
元々今日は「バリバリ唄三線をする」というつもりで行ったわけではなく
のんびりしながら、本を読んだりもしようと思っていました。
でも、唄三線をするならお茶も欲しい。
…ということで両方準備です。
f0010549_17112448.jpg


今更書くことではありませんが
外で三線をすると
「自分がいかに小さい声で歌っていたか」
ということに気付かされます。
家の中では、あまり大声では歌えません。
ですから、自然と知らないうちに
三線と歌の音量のバランスが崩れてしまうのです。

いつも家の中で練習されている方は
一度外でやってみるといいかもしれません。
私も最初は恥ずかしくて外でも小さい声で歌っていましたが
今ではもう、慣れたものです。
大きな声で歌うようにしています。

さらに、以前東京の沖縄料理店でお会いした
琉球古典の先生に
「外で唄三線すると、音が響かないから(壁が無いので音が回らず、音が飛んでいってしまう)
自然と強く弾いてしまい、弾き方が雑になるぞ」
などと言われたのですが、これは…、たぶん自分で気をつけていれば
いいことでしょうね。


<今日の練習曲>

デンサー節 なりやまあやぐ
張水ぬクイチャー 鷲ぬ鳥節
ヒンスー尾類小 ましゅんく節
by niraikanai76 | 2006-04-18 17:23 | 唄三線