唄三線のある日常。        愛器「二つ星小」          (たーちぶしぐゎー)。         


by niraikanai76

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

カテゴリ

唄三線
三線独学のススメ
沖縄以外の音楽のこと
沖縄新婚旅行(三線探しの旅)
沖縄考
介護のこと
映画
読書
父親になった
ひとりゆんたく
酔狂歌人のこと
酔狂歌人にメールする
食材確保の魚釣り

以前の記事

2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2007年 11月
2007年 10月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月

オススメリンク

お気に入りブログ

やいまぬ風
有言、いつか実行。
三線弾きはカジマヤーで魂...
島々のくも

ライフログ


はじめての三線―沖縄・宮古・八重山の民謡を弾く


風狂歌人~ザ・ベスト・オブ嘉手苅林昌~


よなは徹 プレゼンツ カチャーシー・ア・ゴーゴー


連続カチャーシー2005


よなは徹 プレゼンツ ウチナー わらべうた

最新のトラックバック

検索

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧

チマグ

f0010549_21385531.jpg



写真の部分。
三線の「チマグ(鳩胸)」
と呼ばれる部分です。

このブログに遊びに来てくださる
「朱鷺さん」の日記。
を拝見させて頂きました。

「爪裏」「ウトゥダマイ(音溜り)」
と記述があります(4月19日の日記)。
私には難しいことは分らないのですが、
「チマグの大きさ」については
照喜名三味線店さんから教えていただいたことがあります。

「柔らかい木で棹を作る場合は
チマグは少し大きめに。
硬い木で作る場合は、チマグは少しだけ絞るんだよ」と。

皮の振動を、そのまま棹に伝えるとするならば
この出っ張った「チマグ」は、私のような素人には
「無駄なのでは??」と思われるのですが、
そうではないようです。

「音を溜めて、棹に伝えるからこの部分はかなり重要。
だけれども、棹に使用する木にあったチマグの作り方。というのが
あるんだよ。」
と教えてくださいました。

なるほど。硬い木は「硬い」ということで
振動は伝えやすいはずです。が、硬い木の棹の
ある部分で「必要以上に大きい」と、
逆に「硬さ」がアダとなって
振動を殺してしまうことにもなりかねません。
材質の硬さと「棹の太さ」という部分も、無視できないでしょうね。

「黒木だから。ユシ木だから。と説明では言っているけども、
実際には一つ一つの木は違うのだから、それぞれを手にとってみて
そこから作っていくんだよ。言葉ではないね。これは。」
と説明してくださった。
これはもう「経験」と「勘」の世界なんでしょうね。

ちなみに、私の三線にも
「朱鷺さん」が書いておられてような
「チマグの裏のギザギザ」が刻まれていました。
ピンボケですみません。
f0010549_2272321.jpg

by niraikanai76 | 2006-04-25 22:07 | 唄三線