唄三線のある日常。        愛器「二つ星小」          (たーちぶしぐゎー)。         


by niraikanai76

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

カテゴリ

唄三線
三線独学のススメ
沖縄以外の音楽のこと
沖縄新婚旅行(三線探しの旅)
沖縄考
介護のこと
映画
読書
父親になった
ひとりゆんたく
酔狂歌人のこと
酔狂歌人にメールする
食材確保の魚釣り

以前の記事

2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2007年 11月
2007年 10月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月

オススメリンク

お気に入りブログ

やいまぬ風
有言、いつか実行。
三線弾きはカジマヤーで魂...
島々のくも

ライフログ


はじめての三線―沖縄・宮古・八重山の民謡を弾く


風狂歌人~ザ・ベスト・オブ嘉手苅林昌~


よなは徹 プレゼンツ カチャーシー・ア・ゴーゴー


連続カチャーシー2005


よなは徹 プレゼンツ ウチナー わらべうた

最新のトラックバック

検索

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧

読み方

宮古島に「狩俣」という地域があります。

宮古民謡の工工四には
「かズまた」と振り仮名が書いてありました。
「狩俣」出身の人が発音する読み方は、
私には「かーぅまた」と言っているように聞えました。
そして、埼玉に住む私がこれを普通に読むと
「かりまた」になります。

ひとつの地名だけなのに
それぞれ読み方が変わる。
私の「かりまた」と、「狩俣」出身の方の「かーぅまた」
との違いはともかくとしても

同じ宮古島なのに
工工四には「かズまた」
そして「狩俣」出身の人の読みは
「かーぅまた」
これには驚きました。

そうか、同じ島の中でさえ言葉は違うんだ。
by niraikanai76 | 2006-04-29 21:36 | ひとりゆんたく