唄三線のある日常。        愛器「二つ星小」          (たーちぶしぐゎー)。         


by niraikanai76

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

カテゴリ

唄三線
三線独学のススメ
沖縄以外の音楽のこと
沖縄新婚旅行(三線探しの旅)
沖縄考
介護のこと
映画
読書
父親になった
ひとりゆんたく
酔狂歌人のこと
酔狂歌人にメールする
食材確保の魚釣り

以前の記事

2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2007年 11月
2007年 10月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月

オススメリンク

お気に入りブログ

やいまぬ風
有言、いつか実行。
三線弾きはカジマヤーで魂...
島々のくも

ライフログ


はじめての三線―沖縄・宮古・八重山の民謡を弾く


風狂歌人~ザ・ベスト・オブ嘉手苅林昌~


よなは徹 プレゼンツ カチャーシー・ア・ゴーゴー


連続カチャーシー2005


よなは徹 プレゼンツ ウチナー わらべうた

最新のトラックバック

検索

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧

三線を手にする

身近に沖縄フリークがいた。以前勤めていた会社の同期のH生田である。
彼が、結婚記念に奥さんに三線を買ってもらったらしい。
初めて聴く生の三線の音。とても心地よかったのを覚えている。
大学のときに沖縄関連の講義(本当は「国際安全保障論」)を受講していたとはいえ、特に沖縄音楽に興味は無かった。でも、彼の家でかかっていた沖縄音楽(確かビギンだった)は本当に心地よかったし、彼が爪弾く生三線の音も気に入っていた。

2003年当時、私は介護の仕事を目指していた。介護施設での勤務は変則的で、土日仕事なんていうのはザラ。ベースを弾かないか?と何人からか声はかけていただいていたものの、これから先の自分の変則的になるであろう予定を考えると気安く返事はできず全てお断りさせていただいていた。後々、迷惑をかけるわけにはいかない。私の周りの人たちは大体土日にバンド練習をしていた。

この先、音楽を趣味にしていくのは変らないとしてもベースで音楽参加する場が無いのには困った。ご存知の通り、ベースは裏方楽器である。ボーカルなり、メインの楽器なりの伴奏が主な役割だ。家やスタジオで一人弾いていても楽しくはない。
何か一人でやっていて楽しい楽器はないか。そんなことを考えるようになっていった。
ギターは挫折した。ピアノは無理そう。ドラムは論外…なんてことを考えていたが、気づいたら四万近いお金を払い、三線を手にしていた。

唄三線との付き合いが始まった。
by niraikanai76 | 2005-11-30 13:32 | 唄三線