唄三線のある日常。        愛器「二つ星小」          (たーちぶしぐゎー)。         


by niraikanai76

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

カテゴリ

唄三線
三線独学のススメ
沖縄以外の音楽のこと
沖縄新婚旅行(三線探しの旅)
沖縄考
介護のこと
映画
読書
父親になった
ひとりゆんたく
酔狂歌人のこと
酔狂歌人にメールする
食材確保の魚釣り

以前の記事

2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2007年 11月
2007年 10月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月

オススメリンク

お気に入りブログ

やいまぬ風
有言、いつか実行。
三線弾きはカジマヤーで魂...
島々のくも

ライフログ


はじめての三線―沖縄・宮古・八重山の民謡を弾く


風狂歌人~ザ・ベスト・オブ嘉手苅林昌~


よなは徹 プレゼンツ カチャーシー・ア・ゴーゴー


連続カチャーシー2005


よなは徹 プレゼンツ ウチナー わらべうた

最新のトラックバック

検索

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧

三味線店めぐり②上原三味線店(名護市)6月17日

本部町から名護へ。私達夫婦は(特に妻が)スローペースなので
あまり一日中遊んだりはしない。

この日も水族館~上原三味線店(本部)でホテルに帰り、のんびり過ごす予定であった。
でも明日から来てくださる漆畑さんとの予定(ほとんど南部の三味線店を回る予定)を考えると、北部の三味線店を回る時間は正直なさそうだ。時間のある内に自分で行ってみたい三味線店には行っておこう。

ということで急遽名護市へ立ち寄った。本部からだとちょうどホテルの帰り道に当るため、別に足を伸ばす必要もない。名護市に入ったのは良いが、肝心のお店の場所がわからない。
雨の中、傘も差さずに歩いているおじさんに聞くと「名護市役所の裏側」とのこと。
カーナビを設定して走り出す。迷わずいくことができた。

「こんにちは」と間口の狭い店に入ると糸巻きらしい物を削っているおじさんとテレビを見ているおじさんより幾分若い男性のお二人がいらっしゃった。
私と妻の姿を見ると、怪訝な顔をされている。「あまり歓迎されてないな」と正直思った。
「埼玉から来ました。三味線を買おうと思って色んな三味線店さんを訪問しています。三味線を見せていただくことはできますか」と切り出した。

糸巻きを削っていたおじさんが「誰に習っているのか?」ときた。
「いえ。私、独学です」というと「しょうがないな」という顔をされた。

思い出したように「あの、漆畑さんに聞いてきました」というと若い方の男性(実はこの方が店主さんでした)が「ああ!そうなの。ずいぶん来てないけどね」とおっしゃり、私達との距離がグッと縮んだ気がした。さすが、漆畑さんの力は大である。ご本人がいらっしゃらないのに、いたくお世話になっている。

「今はね、梅雨でしょ。例年、沖縄はこの時期には梅雨明けてるんだけどこの大雨で皮張りができない。だから棹はあるけど、三味線の形になっているものは見せてあげることができない」
とのこと。
この店主の先代(故人)が那覇から仕入れてきたという八重山黒木の棹があった。
聞けば30年ほど前の棹で、かなり良い物らしい。
八重山黒木のことは漆畑さんのサイトで見て知ってはいたが、実際に見るのは初めてだった。値段を聞くと予算内で買える値段だった。
音を聞いてみたかったが、前述のとおりでかなわず。残念だ。

「那覇や南部だと、こちらで手頃で買えるような材質の棹が何十万という値段で売っている。三味線を買うなら、充分気をつけたほうが良い。同じ三味線職人としてそういう現実は許せないと思うこともある」というようなお話もしていただいた。

「時間があったらまた寄らせていただきます」とお礼を言って店を出た。
「いちにの三線」の三味線店探訪の仕方に書いてある「少しくらい無愛想でもやがて打ち解けると信じて話します」というのを身をもって体験できた。漆畑さんのおかげではあるが。
by niraikanai76 | 2005-11-30 21:08 | 沖縄新婚旅行(三線探しの旅)