唄三線のある日常。        愛器「二つ星小」          (たーちぶしぐゎー)。         


by niraikanai76

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

カテゴリ

唄三線
三線独学のススメ
沖縄以外の音楽のこと
沖縄新婚旅行(三線探しの旅)
沖縄考
介護のこと
映画
読書
父親になった
ひとりゆんたく
酔狂歌人のこと
酔狂歌人にメールする
食材確保の魚釣り

以前の記事

2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2007年 11月
2007年 10月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月

オススメリンク

お気に入りブログ

やいまぬ風
有言、いつか実行。
三線弾きはカジマヤーで魂...
島々のくも

ライフログ


はじめての三線―沖縄・宮古・八重山の民謡を弾く


風狂歌人~ザ・ベスト・オブ嘉手苅林昌~


よなは徹 プレゼンツ カチャーシー・ア・ゴーゴー


連続カチャーシー2005


よなは徹 プレゼンツ ウチナー わらべうた

最新のトラックバック

検索

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧

撥の先は、丸いほうが良い。と思う。

撥の先端は、尖っているほうが良い。
と今までは思っていました。
今使用している撥も、布やすりで削って
先端を鋭角にしてあります。

でも、最近気づいたのです。
「撥の先端は、丸いほうが弾きやすい」と。

以前使っていた先端の丸い撥で
たまたま弾いてみた結果
「尖っているのは弾きにくいのだな」
と思ったのです。

個人的な感想としては、先端がとがっている撥を使用した場合の
音の変化については以下のように考えています。

・音が、鋭くて硬くなる。
 「シャキーン」「カキーン」という類の音になると思います。

・音量も大きくなる

で、撥の先端がとがっていると
どういうデメリットがあるのか。

・掛け音で、弦に撥が引っかかりやすい
 …演奏のテンポが乱れる原因になるのではないかと…。

デメリットは、私の中では一点だけなのです。
でも、私は「掛け音」が好きなので、なるべくなら
やりやすいほうが良い。

撥を削る場合、
「仕上げはきちんとしたほうが良い」
ようです。
私は、めんどくさがりやなので
布やすりの番手の多いもの(目の細かいもの)で
最後に仕上げただけですが、もうちょっと
「磨くような仕上げ」をすると良いのかもしれません。

なぜかというと、
「ジャリジャリという、擦る音」
が弾くときに混じってしまうのです。
撥の、弾く部分(弦に当たる面)が
「ザラザラ」していると、雑音が入るようです。

「いちにの三線」を拝見したところ
「削る前の光沢を取り戻したければ、コンパウンドを使用すると、良いそうです。」
とありました。
「撥の光沢を取り戻す。」とはつまり、撥の表面が「ザラザラしていない」
状態に、ということですね。

私はこれを試そうと思い、家の中で「コンパウンド」を探しましたが
もう、なくしてしまったようです。
ということで「コンパウンド」は試さず、
私は撥を削ったまま使用しています。

ですが、この「ザラザラしている状態」でも
弾き続けていると、雑音が入らなくなります。
弦に触れて、ザラザラが無くなっていくようです。
最近は削りたての時よりも、音がマイルドになってきました。
でも、先がとがっているのでやはり音は硬いです。

で、「先の丸めの撥」
エッジの立った音色はあまり期待できないですが
(あくまで、当社比です。元々三線自体が「エッジのある音色」だったら、
先が丸めの撥でも「エッジの立った音」がするかもしれません。
多くの三線を弾いたことがないので、確かなことがいえません。すみません…。)
「ナークニー」などを弾くと、マイルドな音が
良い具合にマッチして、自分は気に入っています。

うん。掛け音も「ぬるり」という感じで、スムースに掛かります。
それに「トゥルル」という具合で
わざとらしい「掛け音やりましたぁ」というような感じがせずに
ごくごく自然です。気に入りました。

今度、時間のあるときに
いまの「鋭角な撥」を再度削って
「先端が丸めの撥」にしたいと思います。

そんなことを続けているうちに、
そのうち撥が極端に小さくなるでしょうか。
by niraikanai76 | 2006-02-15 14:26 | 唄三線