唄三線のある日常。        愛器「二つ星小」          (たーちぶしぐゎー)。         


by niraikanai76

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

カテゴリ

唄三線
三線独学のススメ
沖縄以外の音楽のこと
沖縄新婚旅行(三線探しの旅)
沖縄考
介護のこと
映画
読書
父親になった
ひとりゆんたく
酔狂歌人のこと
酔狂歌人にメールする
食材確保の魚釣り

以前の記事

2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2007年 11月
2007年 10月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月

オススメリンク

お気に入りブログ

やいまぬ風
有言、いつか実行。
三線弾きはカジマヤーで魂...
島々のくも

ライフログ


はじめての三線―沖縄・宮古・八重山の民謡を弾く


風狂歌人~ザ・ベスト・オブ嘉手苅林昌~


よなは徹 プレゼンツ カチャーシー・ア・ゴーゴー


連続カチャーシー2005


よなは徹 プレゼンツ ウチナー わらべうた

最新のトラックバック

検索

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧

お気に入りですが…。

f0010549_20253193.jpg





画像がピンボケしていて、すみません。
「糸掛け」の話です。

上の写真の「三線に付いている糸掛け」(金色)は
今日、取り付けました。
一方「三線に乗っている糸掛け」(オレンジ色)は
新品ですが、今まで同じものを使っていました。

個人的には「オレンジ色の糸掛け」が好きです。
視覚的にもうるさくないですし、ナチュラルな感じが気に入っています。

でも、本日。この金色の糸掛けに取り替えざるを得ないことがありました。
何度弦を張りなおしても「オレンジ色の糸掛け」では
ちんだみを上げただけで「ビーン!」という音とともに
女弦だけが外れるのです。
糸掛けに
弦でわっかを作って縛る張り方も、ただ単純に縛る張り方も
両方試したのですが、両方ともダメでした。
「金色の糸掛け」ではこういうことが起こったことがありません。

二つの糸掛けには、違いがありました。
「金色の糸掛け」の表面は金色の粗い目の糸、が巻かれています。(太い糸)
一方「オレンジ色の糸掛け」は芯にオレンジの細い糸が巻かれています。

手触りも、金色の糸掛けは「ザラザラ」していますし
オレンジ色の糸掛けは「スベスベ」しています。

今まで使っていた「オレンジ色の糸掛け」を見てみると
女弦が巻かれていたところは弦の摩擦で「更にスベスベ」になっていました。
これでは、弦が滑って外れるのは仕方ないです。
「糸掛けの寿命」なんでしょうか。

本来は「金色のザラザラした糸掛け」は好きではないのですが
弦が外れる。となると、糸掛けなんかにこだわっていられません。
本日、交換した次第です。

次に弦の張替えをするときには
もう一度、今度は新品の「オレンジの糸掛け」で試してみたいと思います。
by niraikanai76 | 2006-02-17 20:39 | 唄三線