唄三線のある日常。        愛器「二つ星小」          (たーちぶしぐゎー)。         


by niraikanai76

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

カテゴリ

唄三線
三線独学のススメ
沖縄以外の音楽のこと
沖縄新婚旅行(三線探しの旅)
沖縄考
介護のこと
映画
読書
父親になった
ひとりゆんたく
酔狂歌人のこと
酔狂歌人にメールする
食材確保の魚釣り

以前の記事

2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2007年 11月
2007年 10月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月

オススメリンク

お気に入りブログ

やいまぬ風
有言、いつか実行。
三線弾きはカジマヤーで魂...
島々のくも

ライフログ


はじめての三線―沖縄・宮古・八重山の民謡を弾く


風狂歌人~ザ・ベスト・オブ嘉手苅林昌~


よなは徹 プレゼンツ カチャーシー・ア・ゴーゴー


連続カチャーシー2005


よなは徹 プレゼンツ ウチナー わらべうた

最新のトラックバック

検索

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧

カテゴリ:ひとりゆんたく( 58 )

島ぞうり

f0010549_15251092.jpg




「島ぞうり」
と呼ばれている履物です。
ぱっと見では「ビーサンか?」
と思うのですが、普通のビーサンに比べると
心なしか作りや姿が簡素に見えます。
沖縄では、少年もおじいさんも。全員ではないでしょうが
この「島ぞうり」を好んで履いていると聞きました。

これは頂き物でして。
2セット。妻の分、私の分。ということで頂きました。
頂いた場所がお酒の席だったのですが
酔っ払って島ぞうり2セットを持ち帰り
そのまま寝てしまった私は、翌朝枕元(正確には自分の顔のすぐ横)
に置かれていた「島ぞうり」に驚いたのでした。

写真のものは「青」ですが
そのほかにも「赤」と「黄」があるそうです。
この「島ぞうり」を下さった方は
「島ぞうりはやっぱり黄色かな」
と言っていました。
それぞれ、色にもこだわりがあるんでしょう。
「緑はマニアックだよ」とも言っていましたねぇ。


私は夏はいつも「ビーサン」をはいていました。
この夏は、この「島ぞうり」に活躍してもらうことにします。
とても嬉しいです。
下さった方、どうもありがとうございます。
by niraikanai76 | 2006-04-25 15:30 | ひとりゆんたく

沖縄好きな上司

この四月で、ウチの施設の施設長が変わりました。
新しい施設長は、どうやら沖縄好きのようです。
ミンサー織のペンケースを持っていたのを
私は見逃しませんでした。

しかも、今日話してみると
「おれ、三線って好きなんだよね。やってみたいんだけどさぁ。
琉球フェスティバルにも、欠かさず行くし。いいよなぁ沖縄。」
おぉ!!

いい施設長が、やってきてくれました。
by niraikanai76 | 2006-04-19 22:25 | ひとりゆんたく

車とお別れ

6年間乗り続けた車と、おさらばすることになりました。
「なんくるないさ号」です。

今月で車検が切れるのですが、車自体の状態と
車検の費用を考慮した結果、「車検を通しても長くは無いだろう」
という判断を下して、愛車とおさらばすることに決めました。
そのうちに「なんくるなくならなく」なるだろう。という判断です。
(分りづらくてすみません。)

平成5年式のスプリンターマリノ。
思えば、この車とは色んなところへいきました。
伊豆・名古屋・新潟・関東一円
長野…
と、思い出が次々に蘇ります。
一番の思い出は、栃木の「那須サファリパーク」に
嫁さんといったときの事です。(当時はまだ「彼女」でした。)
動物達への餌をケチったことから
山羊のような動物に、ミラーを思いっきり齧られたのです。
動物のエリアを出る頃には
「なんくるないさ号」はいろんな動物のよだれで、
車体全体がベトベトになってしまいました。

色んな楽しい思い出を振り返りながら
私は感傷に浸っているのですが
車はいつもと変わらず、ただそこに停まっているだけです。
これがまた、悲しくなります。
by niraikanai76 | 2006-04-08 17:30 | ひとりゆんたく

マスターの「宮古民謡」

「とぅばらま家」に最近お世話になっています。
まだ二回しかお邪魔しておりませんが
2回とも、とても楽しい時間を過ごさせて頂いています。

私が感激したものが
お店のマスターが歌う「宮古民謡」です。
マスターは、宮古島出身です。
三線は、お店を始めてからやり始めたそうです。
ごく、最近の事だそうです。

「母親が、アカペラで上手だった」
と話してくれました。
そんなマスターの歌う曲は
「池間の主」「宮古の子守唄」「なりやまあやぐ」
です。レパートリーは多くないものの
マスターが島で暮らしていた頃、耳で覚えた歌とのこと。

三線は、まだあまり得意ではないとのことですが
それでも私には素晴らしい歌に聞えます。

「島で覚えた歌に、今がんばって三線をつけているのさ」
とマスターは笑います。

マスターの歌を聴いていると、
今まで興味の無かった宮古民謡を練習してみようか
という気になります。
なにせ、難しい宮古の発音について質問できるマスターが
いつもそこにはいるのですから。
by niraikanai76 | 2006-04-06 19:28 | ひとりゆんたく

4,000

朝、ブログの管理メニューを開くと
ヒット数が4,000を超えていました。
このブログには、カウンターは設置していないのですが
管理メニューで、私だけは見ることが出来ます。

いつもお越しくださる皆様、どうもありがとうございます。
by niraikanai76 | 2006-04-02 14:42 | ひとりゆんたく

巧い!!

風邪をひいたようです。

冬の間は何事もありませんでした。
さらに最近では
大坂で楽しませていただき
オヤジさんやりゅういちさんと三線で楽しませていただき
「とぅばらま家」で楽しませていただき、

「一通りやりたいことをしてから」風邪をひいた私は
なかなかの「風邪引き巧者」だと思います。
(巧くなくていいから、体調を何とかしたい…)

あ…「夜桜唄三線」がまだだ…。

4月1日、
この風邪が「実は嘘」だったら、いいのになぁ。
by niraikanai76 | 2006-04-01 22:35 | ひとりゆんたく

夜桜は、ムリ…?

私の住んでいる埼玉県は
桜が咲いたとはいえ、まだまだ寒いです。
昨日今日は、「台風じゃないか?」と思うほどの
強い風が吹いていました。

「夜桜を見ながら、唄三線を」
などと思っていましたが、とんでもありません。
夜などは、さらに凍えてしまうような寒さです。

今年はダメですかねぇ。
もう少し、様子を見てみます。
by niraikanai76 | 2006-03-31 21:44 | ひとりゆんたく

無くなってしまった黒檀。

「とぅばらま家」でのお話の続きです。

「波照間さん」がポツリと語ります。

「酔狂歌人さんの三線は、黒檀ですよねぇ。
昔ね、島にいた頃…小学生だったねぇ、
この木に登れば台湾が見える。と言われていて
僕も良く登った木なんだけど。あれは黒檀の木だったんだよねぇ。
ものすごい大きな黒檀だよ。」

「ヤシガニが島にいるんだけど、アダンの実や
その大きな黒檀の木の実を食べていたんだよ。
だから、そのヤシガニは当たらない。とオジィが言ってたなぁ。
あ、ヤシガニはね。ヤシガニが何を食べているかで
食べられるヤシガニとそうでないヤシガニに分かれるんだよ。
その黒檀。大人になってから島に行ったら、もう無かったんだよねぇ。」

「三味線になっちゃったんですかね。
それとも…家になっちゃいましたかね。」

「いや…もう、今は分らないなぁ。
大きかったなぁ。あの木…」

遠い目をする波照間さんの横で
「登れば波照間島から台湾が見える大きな黒檀。
私も一度見てみたかったなぁ。」
と思いました。
(「三線にしたい!!」というヨコシマな気持ちではありませんよ。本当です。)
by niraikanai76 | 2006-03-30 00:22 | ひとりゆんたく

リンク増強中

昨日、大変楽しい思いをさせていただいた
「知念大工大好き」さんのブログと
東村山市の秋津にある宮古島出身の店主経営の
沖縄料理店「とぅばらま家」のリンクを追加しています。
by niraikanai76 | 2006-03-28 19:44 | ひとりゆんたく

さんしん隊

リンクを強化しております。

今日は大坂の「朱鷺さん」のサイトです。
その名も「さんしん隊」。
サイトを拝見させていただくと
様々なところで唄三線・エイサーと
ご活躍されていらっしゃることが、よく分ります。

私は遠いので、なかなか
「ちょいと拝見」とはいかないのですが…。
もちろん、機会があればぜひとも公演の様子を拝見させていただきたいと思います。
by niraikanai76 | 2006-03-26 00:34 | ひとりゆんたく