唄三線のある日常。        愛器「二つ星小」          (たーちぶしぐゎー)。         


by niraikanai76

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

カテゴリ

唄三線
三線独学のススメ
沖縄以外の音楽のこと
沖縄新婚旅行(三線探しの旅)
沖縄考
介護のこと
映画
読書
父親になった
ひとりゆんたく
酔狂歌人のこと
酔狂歌人にメールする
食材確保の魚釣り

以前の記事

2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2007年 11月
2007年 10月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月

オススメリンク

お気に入りブログ

やいまぬ風
有言、いつか実行。
三線弾きはカジマヤーで魂...
島々のくも

ライフログ


はじめての三線―沖縄・宮古・八重山の民謡を弾く


風狂歌人~ザ・ベスト・オブ嘉手苅林昌~


よなは徹 プレゼンツ カチャーシー・ア・ゴーゴー


連続カチャーシー2005


よなは徹 プレゼンツ ウチナー わらべうた

最新のトラックバック

検索

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧

カテゴリ:ひとりゆんたく( 58 )

三線シック

前記事→酔狂歌人流 「いちにの三線~三味線店探訪記」の読み方②

愛器が沖縄に向けて旅立ってから1週間。
初代三線で練習しているものの、なんとなくモチベーションが上がらない。

あぁ、我が愛器。はやく塗り直しが終わって帰ってきておくれ。

悩みに悩んで、酔狂歌人流 「いちにの三線~三味線店探訪記」の読み方②
が書きあがりました。

私が馬鹿でした。
「いちにの三線」のような「素晴らしい出来のサイト」「人気サイト」の
解説記事を書こうだなんて、百年以上早かったようです。
頭から、湯気が出るほど記述に悩みました。

記事の出来具合は、皆様が判断してくださいませ。
by niraikanai76 | 2006-01-11 22:42 | ひとりゆんたく

沖縄の、お父さん

照喜名三味線店。
私は、はばからずに言おう。
この店の、いやこのお店の職人さん
「照喜名朝福さん・朝榮さん父子」のファンである。

自分が三線を買ったから。
というのがやはり一番の理由だけれども
沖縄へ行ったときのこんな朝榮さんとの会話。

「自分の父親は、56歳ですから
朝榮さんと同じくらいです。」

「そうか。じゃあ、おれは沖縄のお父さんだよなぁ。ガハハ」

沖縄でも屈指の名店。
と聞いていますが、そんな方が自分のような
若輩者に色々教えてくださいました。

そんな照喜名朝榮さんが就職関連の
サイトで、学生さん達のインタビューの答えていらっしゃいました。

キャリナビ

そして、朝榮さんがプロデュースされていらっしゃる
「かりゆし娘」のサイトです。

こちら
by niraikanai76 | 2006-01-08 15:17 | ひとりゆんたく

奇遇

先ほどの「漆、塗りたて注意!!」の記事を書いている最中に
私の三線の製作をしていただいた
照喜名朝榮さんから私の携帯に電話が掛かってきました。

「6日に三線が届いたよ~」
という電話だったのですが
話は自然に私の三線のことへ。

「老はかなり凹んでいるなぁ、と思ってよ。
やっぱり、塗り替えないといかんなぁ。
それとよ、棹の真ん中あたりに凹んだ跡があるけど
あれはどうした?」

「あぁ、あれはですね…」

と私はちょうど記事に書いていた
自分の懺悔話をモニターで読みながら
朝榮さんに説明しました。

「あんたは、いろんな所を凹ますなぁ」
と朝榮さん、大爆笑です。

朝榮さん。見事なタイミングです。
by niraikanai76 | 2006-01-08 15:02 | ひとりゆんたく

三線策士!!酔狂歌人。

「二つ星小」が届いた後。

私は強欲にも、妻に勇気ある提案をしてみた。

「二つ星小の皮が破れたり、故障した場合。
沖縄に数週間入院させることになるのだが…。
そのときのことを考慮して、修理の間弾く為にもう一挺、蛇皮を張った
安めの黒木三線が欲しいのだ」


この私の命知らずの提案を妻は

「蛇皮の三線が2本あったら、破れるリスクが2倍になる!!
何言ってんの!! 馬鹿じゃないの!!??」


と一蹴した。
ちなみに、蛇皮の張替えには
1~2万円はかかるようだ。

それからしばらくして…
今度は「沖縄に住みたい」
と妻に何度も言い続けた。
私の仕事は、資格と経験さえあれば
日本全国どこででも仕事が出来る。

妻はもちろん大反対。

そしてそれからまたしばらくして…。

「沖縄移住はもうあきらめることにした。
でも、三線はもう一本、買うことにする」

と言ってみたら

「沖縄移住をあきらめるなら
それくらいは仕方ないかもね」

と妻はついに折れた。
と言っても、次の三線は当分先だろうけれど。


三線策士、酔狂歌人ここにあり。
まるで、磯野カツオのようである。
by niraikanai76 | 2006-01-04 19:11 | ひとりゆんたく

休日の、暇に任せて更新更新!

休日。
私の職場には「年末年始」というのはありません。
大晦日も、元旦も、2日も私は仕事をしていました。

そして今日。待ちに待った休日です。

三線を梱包し、神社に行って初詣。
そして暇に任せて一気にブログの更新です。

本日の更新は、以下の通り

座敷太鼓とジャズドラム
新婚旅行番外編~我が愛器の原木姿「二つ星小」
「二つ星小」単身、沖縄へ!!!
by niraikanai76 | 2006-01-03 17:54 | ひとりゆんたく

私にとって、2005年という年は。

「激動」

私にとっての2005年はまさしく「激動」の年であった。
今まで生きてきて、これほど身の回りの状況が一度に変化した年は、ない。

まず、職場が変わった。
心機一転、新設の老人介護施設に5月から勤めだした。
それまで勤めていたところは、もう施設自体の歴史もあり
色んな面で、決まりごとが出来上がっており仕事をするには楽であった。

しかし、その「マニュアル化」が招く「組織の硬直化」も弊害として
当然あり、新たな試みが出来にくい状況でもあった。

自分の職務経験上のプラス面を考えて
地元に出来た新設の施設に転職した。
ここで私は「フロア主任」になった。

新設だといろいろな事が未知数で、今も手探りで
「良いケア」を目指してはいるが、まだまだ飛躍できるであろう。
来年の課題である。

そして
4月に結婚。引越し。
6月には結婚式と、沖縄旅行。

結婚式、この日のことは
自分は生涯忘れないだろう。
自分の親が、あんなに嬉しそうにしている姿は
今まで見た事がない。

沖縄旅行。
私のライフワークである唄三線。
そのライフワークの友である、三線を探しに行った旅だ。
いつも懇意にさせていただいている漆畑さんにも、初めてお目にかかれた。
そして照喜名さんとの出会い。

あいにく、妻はつわりで沖縄を満喫できずじまいだったが
次の沖縄は、家族で楽しみたい。

そして、妻の懐妊。
いまだに、あまり実感のない私だが
そうこうしているうちに、生まれてくる。
気づけばもうすぐそこ。2月の予定である。

7月
「結婚披露パーティー」
今までにお世話になった友人達に来ていただき
とても思い出に残る記念の会となった。
そのほとんどの時間を私と仲間の「バンドの時間」にしてしまい、
「やりたい放題」のパーティーになってしまったが
妻の体調不良時期と重なっていたので、まぁよしとしよう。
私自身は、とても楽しかったですし。

このバンドのメンバーが、すごい。
ドラムとピアノは、大学時代の「モダンジャズ研究会の親友」
ボーカルとギターとベース(一部)は以前勤めていた会社の同期3人。
パーカッションは、私の高校時代の「吹奏楽部の親友」
私は、ベースと三線。

私とっては「これ以上無い、豪華なメンバー」であった。
このメンバーでステージに立てたことだけで、幸福である。


10月
私は生まれ故郷が愛知県なのだが
この月には、その愛知の親戚筋に結婚報告の挨拶まわりに出かけた。
車で埼玉から行ったのだが、東名高速走行中に
静岡の掛川あたりで「スピード違反」で捕まってしまう。
123km/hだったのだが…

これで実は免許の累積点数「6」
埼玉県大宮で、後日「免停講習」を受ける。

…とまぁ。いろんなことがありましたが
今年も今日で終わりです。

今年は「激動の年」
来る2006年は「充実」の年にしたい。
家族・唄三線・そして仕事
全てにおいて、充実が図れれば。と思う。

唄三線の面では、今「りゅういちさん」と楽しんでいる
唄三線遊びを、サークルの域にまで高めたい。

色んな目標が、あって困る。
困るくらいのほうが、私の場合は良いのかもしれない。

2005年も終わりに近い11月30日に
このブログを開設しました。
いつも見てくださっている皆様、
いつもありがとうございます。

これからも、皆様にとって「面白い」
と感じて頂けるような記事を、書いていきたいと思います。

どうぞ、良いお年を。
by niraikanai76 | 2005-12-31 20:38 | ひとりゆんたく

銀座わしたショップで買ったもの

暮れも押し迫る銀座に出かけてきました。
と言いましても、わしたショップにしか行きませんでしたけど。
購入したのは、以下のモノ達

・ヤチムンの茶碗…妻が私の茶碗を割ってしまったため。

・JTA2006カレンダー「美ら島物語」
           …沖縄では「青い海」が大して見れなかったので
             カレンダーで、自宅に居ながらにして鑑賞。あら、素敵。

・「よなは徹プレゼンツ うちなーのわらべ唄」
           …これは私用、というより生まれてくる赤ちゃんのためです。
            0歳児から、沖縄民謡を。初めての発語が「あんまー」だったら、
            面白いです。

・「月桃アセロラ茶:ペットボトル」
           …沖縄で6月に飲んだときに「これは美味しい!!」と思っていたのですが
            本土ではなかなか手に入りません。見つけたので、即買いです。

・タコライス:レトルト…妻のリクエストですね。



とまぁ。いろいろ買ってしまったわけですが
沖縄に行っている間は「大して要らないなぁ」と思うようなものでも
内地に帰ってきてから「わしたショップ」で沖縄のモノを見ると異常に欲しくなってくる
時があります。なぜでしょう。

沖縄の音楽が絶えず店内に流れ、店の内装も凝っています。
店員さんも、沖縄風です(もちろんか)。
私が考えるに、
内地にいても、わしたショップにいる間は「まるで沖縄でお土産を選んでいるような錯覚」
に囚われるのではないかと思うのです。
購買意欲をかきたてるには、充分でしょうね。

批判をしたいのではありません。

私のように「沖縄に滅多に行けない沖縄ファン」にとっては
このわしたショップのようなお店はとても貴重だ。というお話です。

沖縄のモノが欲しければ、たいていはここで手に入ります。
三線関連のものはあまり期待できませんが、それでも
一物産店であれだけ揃っていれば、たいしたものです。

それに、店内を見ている間
「あぁ、こんなのと同じものを国際通りで見たなぁ」
とか沖縄旅行の楽しい思い出を、思い出させてくれます。

行けば楽しい、わしたショップ。
でも、本当は沖縄に行きたいです。
来年も、がんばって節約節約。
by niraikanai76 | 2005-12-27 13:32 | ひとりゆんたく

回想

三味線店めぐりの記事を書いていて
回想しながら書いています。

半年たった今でも
書いているとその情景が鮮やかに目に浮かびます。
三線が好きで、沖縄が好きだけれどなかなか行くまでに
踏み切れなかった私。

そんな私の「はじめての沖縄」
少年時代の思い出のように、思い出すと自然と笑みがこぼれます。

そんな回想記を書ける。
ブログは良いものです。
by niraikanai76 | 2005-12-21 00:52 | ひとりゆんたく

三線仲間

独学の私にとって、三線を一緒に練習する仲間を探す。
というのは難しいです。
唄三線をやるモチベーションを維持するのも
なかなか大変なものです。

幸い、このブログで知り合った方と
私がいつも練習している公園で
「こんど一緒にやりましょう」
ということになった。

12月27日
とても楽しみです。
ここ何日か、凍てつく気温の日が多い埼玉です。
その日も、きっと寒いでしょう。
でもなんのなんの、唄三線の楽しみで吹き飛ばしましょう。
by niraikanai76 | 2005-12-19 20:19 | ひとりゆんたく

カミゲン

今おもに、6月に沖縄へ行ったときの紀行文を書いているわけですが…。

「カミゲン」という文字が多く出てきています。
これは三線の棹の部分に使う木材の呼称です。
パソコンで「かみげん」と入力して、変換すると…。

最初は「髪減」と出てきました。
なんだか哀愁が漂ってしまいます。
パソコンは容赦ありませんね。

もう、何度も「カミゲン」とカタカナに変換しているので
パソコンも上記のようなおかしい変換はしなくなりました。
by niraikanai76 | 2005-12-17 04:18 | ひとりゆんたく