唄三線のある日常。        愛器「二つ星小」          (たーちぶしぐゎー)。         


by niraikanai76

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

カテゴリ

唄三線
三線独学のススメ
沖縄以外の音楽のこと
沖縄新婚旅行(三線探しの旅)
沖縄考
介護のこと
映画
読書
父親になった
ひとりゆんたく
酔狂歌人のこと
酔狂歌人にメールする
食材確保の魚釣り

以前の記事

2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2007年 11月
2007年 10月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月

オススメリンク

お気に入りブログ

やいまぬ風
有言、いつか実行。
三線弾きはカジマヤーで魂...
島々のくも

ライフログ


はじめての三線―沖縄・宮古・八重山の民謡を弾く


風狂歌人~ザ・ベスト・オブ嘉手苅林昌~


よなは徹 プレゼンツ カチャーシー・ア・ゴーゴー


連続カチャーシー2005


よなは徹 プレゼンツ ウチナー わらべうた

最新のトラックバック

検索

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧

カテゴリ:父親になった( 19 )

子供の日

今日は「子供の日」ですね。
実家に来ております。

私と弟が子供の頃、祖母が買ってくれた
「鎧兜」を出して、家族で写真を撮りました。

鎧兜の飾りは、色が鮮やかです。
息子はまだ座ることも立つこともできませんが
顔を向けて飾りを見ていました。
by niraikanai76 | 2006-05-05 13:42 | 父親になった

息子と「外出」。

昨日から、妻と息子と暮らしております。
妻は今日「美容院に行きたい」と言います。
ということは…私と息子の二人で「留守番」です。

ミルクの量や様々なことを妻から教わり
息子と二人で妻を見送った後…。

さて、二ヵ月半もの間
空き家にしておいたアパートには
食材はありません。
お昼ごはんに困りました。
妻は外で食べてくるのでしょう。

まず、息子にミルクです。
これは問題なく飲んでくれました。
その次はオムツ。これも交換です。

外出のための準備もして
食事を求めて外出です。

所沢には「西武デパート」があります。
ここが家から一番近い「食品が手に入る場所」です。
選択肢は2つありました。

・地下の食品売り場でお弁当を購入し、家で食べる
・デパート内のレストランに入り、食事を済ませる。

私は後者を選択しました。
息子をベビーカーに乗せたまま、
私だけ食事です。

息子は、外出しても案外静かにしているのだな。
とわかり、さらに調子に乗った私は
デパート内の書店に行きました。
カラフルな本の数々を、息子はきょろきょろ見ています。
ここで本を二冊購入して、家に帰りました。

今日は散歩日和でしたが、必要以上に暑かったです。
こうして、私と息子の「散歩デビュー」は終わりました。

家に帰り、水分補給の「白湯30cc」も忘れませんでした。
一人とは、全然違いますが楽しいですね。

家に帰ってからは、息子の横で
唄三線を少ししました。
by niraikanai76 | 2006-05-01 17:25 | 父親になった

たぶん「オタオタ」

妻と息子が30日に帰ってくるようです。
幸いにも翌5月1日は私はお休みです。
久しぶりに家族でゆっくりできるなぁ…
と思っていたのも甘いようで、
妻はこんなことを言いました。

「1日は久しぶりに一人で外出したいから
留守の間、息子をよろしく」

え~!?
そうなんですか!?

2月13日に息子が生まれ、
そのまま里帰りをしていた妻と息子。
私はほとんど息子と関わっていません。
それなのに、いきなり息子と二人きりですか~!

どうなるやら…。
大丈夫なんでしょうか。
まぁ、大丈夫でしょう。
まだ満足に動けない息子には
私の唄三線を楽しんでいただきましょう。
(動けない分、嫌がらせに近いかもしれません。)

私の子育て方針は「テーゲー」です。
by niraikanai76 | 2006-04-27 21:39 | 父親になった

機関車トーマス


(2) 機関車トーマス
ウィルバート・オードリー レジナルド・ダルビー 桑原 三郎 清水 周裕 / ポプラ社
スコア選択: ★★★★★





機関車トーマスが、なぜだか好きです。
「息子が」ではなく、「私が」です。

息子は、まだ生後2ヶ月ですから
機関車トーマスの絵本など見せても
理解が出来るわけではありませんが
私は今日、機関車トーマスの絵本を買ってきました。

妻と息子が24日に帰ってきます。
そしたら、息子の横で
トーマスの絵本を一緒に眺めようと思います。
by niraikanai76 | 2006-04-22 00:08 | 父親になった

息子が将来…。

子供が親に物をねだる。
家庭では、よくある光景だと思います。
私の息子は、そんな心配はありません…って今のうちだけです。
今は、ミルクくらいしかねだりませんから。

私の三線(愛器「二つ星小」)は、妻に買ってもらいました。
このことは、息子には内緒にしようと思います。
う~ん…妻がバラすかも知れません。

子供にモノをねだられて
威厳を持って「ダメだぞ!!」
といっても
「だって父ちゃんだって三味線をかあちゃんに買ってもらったじゃん」
なんていわれたりしたら、どう答えようかなぁ。
威厳はもろくも崩れ去りそうな予感です(笑)。

「それとこれとは別だ!!」
と答えるのでしょうね。

思えば、私も小さい頃
何度かこの言葉を両親から聞いた覚えがあります。
今ではどういう問答だったのか覚えていませんが
両親が「答えに困っていたのだろう」ということだけは
なんとなく判るような気がします。

子供とは、時に大人が答えに窮するような
核心を突いたことを言うんですね。
この「まっすぐな心」こそ、子供の持ち味なんでしょうね。

こんな川柳を見たことがあります。

「産まれ子の 次第次第に知恵付きて 仏に遠く なるぞ悲しき」
by niraikanai76 | 2006-04-18 22:58 | 父親になった

息子は元気だった。

昨日、久しぶりに息子に会いに行ってきました。
どれくらいか…、かなり久しぶりなはずです。
3週間ぶりか…それくらいでしょうね。

息子の様子は、だいぶ変わっていました。
まず、今までは何だか分っているのか、どうなのか。
息子自身、布団に寝かされても抱っこされていても
状況が分っていないような印象を受けましたが
昨日は確実に違いました。

私がのぞき込むと
「ニターッ」と笑っています。
さらに話しかけたり、手でちょっかいを出してやると
また笑っています。
どうやら「自分の事をかまってくれている(遊んでくれている)」
というのが分っているようです。

私は、たまにごくわずかな時間しか息子と関わっていません。
ですから、彼には「知らないやつが来た」と思われているかもしれません。
今月末。妻と子供と私、久しぶりに三人での生活がスタートします。

写真は「頂き物の、泡盛」です。少し前の写真です。
720mlのビンですが、0歳児の息子の横に置くと一升瓶に見えます。
二〇〇六年、とラベルに書いてあります。
瓶詰め年月日は、息子の誕生月である2月。

2026年の息子の誕生日に、この泡盛「国頭の華」。
沖縄本島の「国頭」(ヤンバル)に家族で行って開封して飲みたいなぁ。と。
そんなことを考えているわけですが、20年も先のことです。
どうなることでしょうね。
f0010549_2252066.jpg

by niraikanai76 | 2006-04-15 22:45 | 父親になった

「あきさみよ~!」~「息子に会う」~「妻の沖縄民謡」

本日はお休みです。
妻の実家に、息子に会いに行く予定でした。

昼過ぎに、いつものようにガレージに行き
愛車「なんくるないさ号」
(平成5年式のポンコツのくせに、特に問題は無い。
問題かな…?と思うことがあっても、走っているとなぜか治る。
「なんとかなる」ということで命名。)
に乗り込みます。
で、エンジンをかけていざ出発…??
車の様子がおかしいです。
ちょっとしか進んでいませんが「ボコボコボコ…」と変な音。
それに、左側が沈んでいるような…。

車を降りて確認してみました。
なんと!!
左の後輪がパンクしていました。
「あきさみよ~!!」
これでは、25km離れた妻の実家に行けないではないか。
全然「なんくるないさ号」ではありません。

急遽、近所のタイヤ屋に行って、交換です。
タイヤはバーストしない限り「いきなりペシャンコ」ということはないです。
きっと知らないうちに何かが刺さって穴が開き、徐々に空気が抜けたのでしょう。

さて、タイヤを修理して
午後遅くに妻の実家へ。
息子は今日で誕生からちょうど一ヶ月です。
思えば、一ヶ月前の誕生直後の様子と比べると
ずいぶん顔が丸くなりましたし、表情も多くなりました。
一番の変化は、手足の動きでしょう。
かなり頻繁に「バタバタ」と動いています。
(手を「グー」にして、グルグル動かしている息子を見て
なんとなく「カチャーシー」に似ているな。と思いました。
動き自体はその…メチャクチャですが。)

と、コタツの上を見ると

よなは徹 プレゼンツ ウチナー わらべうた
よなは徹 仲村奈月 上間綾乃 / AMC受託その他メーカー
スコア選択: ★★★★★



このCDの歌詞カードのコピーが置いてありました。
CD自体は、「寝かしつけ用」に妻に貸し出していました。
私はコタツの上の歌詞カードのコピーを指差し、
「これ、どうしたの?」と妻に聞いてみました。

「CDをかけるだけじゃなくて、私も歌ったほうが眠るみたい。
歌うのも、楽しいし」
と言っていました。
コタツの上にはA4に拡大された
「べーべーぬ草刈いが」
「花ぬ風車」
「赤田首里殿内」
の歌詞カードが置いてあったのですが
驚くべきはその歌詞のコピーに
書き込みがあったのです。

実物を見ると分るのですが
このCDの歌詞カードは、漢字で書かれている部分が多いのに
「振り仮名」がありません。
沖縄や、沖縄民謡に私ほど興味の無い妻は
「赤田首里殿内」を「あかたしゅりでんない」だと思っていたそうです。
当り前ですよね。特に興味が無ければ、こんな漢字は方言読みできませんから。
で、CDを聞きながら「あかたすいどぅんち」と読む。と気付いたそうです。

そのほかにも
「畑」の漢字の横に「はる」とか
「風」の漢字の横に「かじ」など
自分で振り仮名を書き込んでいたのでした。

「今は3曲だけだけど、全部覚えようと思って。
子供がよく眠れるし、なんとなく聞いていてくれるような気がするから。
間違って書いていたら、教えてね。」
と楽しそうにしていました。

「わらべ歌」と銘打たれたCDではありますが
れっきとした「沖縄民謡」です。
いつか、家族全員で沖縄民謡を歌う日も来るのでしょうか。
そして、妻が聞き取りながら覚えた沖縄民謡は
しっかりと息子の耳に残ってくれるでしょうか。
これを見た私は、妻にお礼を言いました。

ある記事のコメントで教えていただいた
「自分のためではなく、誰かのために唄う、
それも、聞かすためではなく、その人のことを思って唄う。」


こういうのがある。というのを
意外な、しかもかなり身近なところで体験できました。
(沖縄で体験するのと、ちょっと違うかもしれませんが…)
そうか…、こういうことだったのか。
上手いも下手も、本物かどうかも、「粋」であるかないかも、あまり関係ないかもしれない。
by niraikanai76 | 2006-03-13 19:09 | 父親になった

息子と釣りに。

まだ行けるわけはありませんね。
生後一ヶ月。ですから。

まぁ、私のささやかな夢。です。
私は、このブログに書くのは初めてですが
かなりの釣り好き。なんです。
小型船舶の免許も、持っています。

話は逸れますが
湖などで長時間ボートを運転したあとは、
車の運転が怖いんですよね。

ボートは水上を滑走しますから
進路変更の時には、船首や船尾が
流されるようにして、スライドしながら進路変更します。

釣りに行った帰り道、
車での車庫入れやカーブが、怖くなるときがあります。
車の前や後ろが、滑って流されているような錯覚に陥るときがあります。

最近行ってませんねぇ。釣り。
by niraikanai76 | 2006-03-09 23:34 | 父親になった

息子が生まれてから。

さて、私は父親になってから約半月が経ちました。

といいましても、妻子は「里帰り」をしているわけでありまして
週に一回くらいの割合で、私は会いに行っている状態です。

妻子と一緒にいる時間は
オムツか替えやミルクをあげたり
息子と遊んだり(彼はほとんど寝ているか、泣いているだけなのですが…)
していて「あぁ、自分も父親になったのかぁ」
と少なからず実感できるのですが。

妻子といない大半の時間は
今までとなんら変わらない生活なのです。
妻がいない分「結婚前の生活」に近いかも…。

それでも、思考的な部分では変化はあると思います。

今までは、自分や妻が「人生の主役」でした。
自分達の良い様に暮らしてきましたし
自分達のペースで生活できるわけでありまして。

しかし、息子が生まれてからは
「人生の主役」は彼のものになりました。
私の人生の主役も、彼です。
いや、半分は彼。半分は、私と妻。これが近いでしょうか。

でも、それが嫌なのではありません。
むしろ、楽しいです。

自分の父親の気持ちも、考えます。
母親の気持ちも、考えます。
私は、息子が生まれてから
両親に対する気持ちが、少し変化しました。
上手くいえないですけど。

「人生の主役のバトンタッチ」
29歳にして「自分の人生をあきらめた」という意味ではありませんが
彼が私の人生の中に入り込んでくれて
「嬉しいな」と思うわけであります。

そんな息子に、今日は会いに行ってきます。
たぶん彼は寝ているか、泣いているでしょうが
たくさん遊んでこようと思います。
さらに、今日は「三線持参」です。
彼に、聞いていただきます。
by niraikanai76 | 2006-03-05 10:13 | 父親になった

三村踊りで

今日はお休みでしたので
妻の実家へ、息子に会いに行ってきました。

約一週間ぶりでしたが、新生児というのは
わずか一週間でもずいぶん見違えるようになるものです。
・体重が少し重くなっていた。
・髪の毛が増えていた。
・よく笑うようになっていた。
・音によく反応するようになっていた。
・顔が丸くなり、表情も変わっていた。

こんなに変化がありました。
さらに妻が面白いことを話してくれました。

よなは徹 プレゼンツ ウチナー わらべうた
よなは徹 仲村奈月 上間綾乃 / AMC受託その他メーカー
スコア選択: ★★★★★



このCDを「寝かし付け用」に妻に貸し出しています。
この作品は全体的にゆったりとした静かな曲が多いのです。
この中の5曲目に「三村踊り節」が入っています。
「派手な曲」といえば、この「三村踊り節」くらいなのです。

どうやら息子は「三村踊り節」がかかると、寝ていても起きてしまうらしいのです。
それで「手足バタバタ遊び」をしてしまい、ちーっとも寝なくなってしまうので
妻はとても困っている。ということでした。

要請どおり、オーディオで「5曲目飛ばし」のプログラム演奏の設定をして
帰ってきました。

うーん。そうかぁ。「三村踊り」でねぇ…。
よし、今度はこれを持って行ってみようかなぁ。
息子よ、どうですか?
連続カチャーシー2005
金城実&よなは徹 / リスペクトレコード
スコア選択: ★★★★★
by niraikanai76 | 2006-02-28 19:58 | 父親になった