唄三線のある日常。        愛器「二つ星小」          (たーちぶしぐゎー)。         


by niraikanai76

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

カテゴリ

唄三線
三線独学のススメ
沖縄以外の音楽のこと
沖縄新婚旅行(三線探しの旅)
沖縄考
介護のこと
映画
読書
父親になった
ひとりゆんたく
酔狂歌人のこと
酔狂歌人にメールする
食材確保の魚釣り

以前の記事

2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2007年 11月
2007年 10月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月

オススメリンク

お気に入りブログ

やいまぬ風
有言、いつか実行。
三線弾きはカジマヤーで魂...
島々のくも

ライフログ


はじめての三線―沖縄・宮古・八重山の民謡を弾く


風狂歌人~ザ・ベスト・オブ嘉手苅林昌~


よなは徹 プレゼンツ カチャーシー・ア・ゴーゴー


連続カチャーシー2005


よなは徹 プレゼンツ ウチナー わらべうた

最新のトラックバック

検索

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧

<   2007年 10月 ( 4 )   > この月の画像一覧

神奈川2週間

皆さんこんばんは。

神奈川県に来て、2週間が経ちました。
まだ「旅行感覚」がしています。
あまり「自分の住んでいるところ」という自覚がありません。

自宅から海までは、自転車で5分くらいです。
こちらに来てから、頻繁に釣りに行くようになりました。
江ノ島の堤防で釣りをしています。
釣れたものは夕食になりますが、小さいアジくらいしか釣れません。
が、今まで海無し県の埼玉にいましたので、
この暮らしは新鮮です。

ということで、元気にやっています。
by niraikanai76 | 2007-10-27 00:58 | ひとりゆんたく

「とぅばらま家」というところ

突然ですが、私
住み慣れた所沢を離れて
引っ越すことになりました。
神奈川県ですから「驚くほど遠く」というわけでもないのですが。

昨日の夜は、「とぅばらま家」に行き
神奈川へ行くことを報告してきました。

細かいことは書きませんが、
この一年間、本当に様々なことがあり
このお店と、ここで出会った人たちには大変お世話になりました。

しかし、自分の都合で
顔を出さないことも多く、お店で出会った多くの方々に
ご心配をおかけしました。

思えば
知念大工大好きさんが
「秋津のお店で三線弾いて飲んでます」と
ネットで書かれているのを見て、知念大工さんと
マスターと知り合ってからというものの、
「沖縄料理をたべたいなぁ」と思うと、ここでした。
愛知にいる弟が帰ってきて、家族が揃い
「飲みに行こうか」というと、ここでした。
自分が、好き勝手に三線を弾かせていただいたのも
ここでした。

本当に、自分にとっては大事な場所でした。
マスターには
「どうして顔みせないか!」
とありがたいお叱りを受けたこともありますが、
このお店の誰しもが、本当に良い人達なので
それが分っているだけに、余計に安易に行けなくなった
時期もありました。

このたびは、私が引っ越すことになり
今までのように「仕事帰りにちょっとよろうか」
というようなわけにはいかないかもしれません。

しかし、私が三線をやっていて
「本当に良かった」と気付かせてくださったのは
間違いなくこの「とぅばらま家」と店主、それにこのお店に集まる皆さんです。

私は、自分の南風原型の三線を
このお店に置かせていただいています。
三線が増えて、とてもじゃないけど
自分で三丁全て弾きこむのはムリだと思い、
マスターにお願いして、弾いてもらっていたのです。

昨日、この南風原を
持って帰るかといわれたのですが、
結局、引き続き置いて頂くことにしました。

南風原が無くても、所沢に帰ってきたときには
必ず顔を出すつもりでいますが、
なぜか、置いておいてもらいたい気持ちでした。

神奈川に行けば、
新しい三線仲間も出来るかもしれません。
ちょくちょく通う沖縄料理店も変わるかもしれません。

でも、自分の原点は「とぅばらま家」だと思っています。

恥ずかしいので、直接はいえませんでしたが、
本当にそう思っています。

笑いと三線の音色が沢山ある、とてもいいところ。
なかなか、こういう場所は、無いと思います。

マスターとみなさん、
いつもありがとうございます。
これからも、よろしくおねがいします。
by niraikanai76 | 2007-10-07 10:45 | 唄三線

楽器との、距離。

こんばんは。

今、家にある2艇の三線を眺めながら
「なんだろ~な、三線って」
と物思いにふけっていました。

私はこの一年、あまり三線を弾きませんでした。
唄も、歌いませんでした。

でも、今はまた徐々に始めています。
それでも、他の楽器だったら
一年もブランクがあると、以前のように演奏できるようになるまで
かなり苦労するはずです。

「唄三線には、そういった苦労は全く感じない」

というのではないのですが
他の楽器には感じられない「感覚」があります。

いつもそばにいるような、すぐに戻って入り込める感覚。
手に取ると、ピタッとくる棹の感覚。
工工四を見ながら弾けば、「あぁ~、そうだ。こんな曲だったなぁ~」
という「すぐに蘇る感覚」

こういう経験、初めてでした。

唄三線って、音楽的にはものすごくシンプルなものだと思うのです。

だからこそ、難しくもあり
少し離れても、すぐに戻れるという良い部分もあり。

持ち主と楽器の距離感。
三線の場合、この距離は他のどんな楽器よりも
短いのかもしれません。
by niraikanai76 | 2007-10-04 00:44 | 唄三線

再始動

皆様、お久しぶりでございます。

長らく、ブログを放置してしまいました。
「更新されているかなぁ」と、たまに見てくださっていた方々、
大変申し訳ありませんでした。

この約一年間、更新する余裕が全然ありませんでした。

三線に関しては、あれから
二挺の三線を手に入れて、さらに楽しんでおります。
そのことも、いずれ記事にさせて頂きます。

今日から、ぼちぼちと再始動しようと思います。
また、どうぞよろしくお願いいたします。
by niraikanai76 | 2007-10-02 23:17 | 酔狂歌人のこと