唄三線のある日常。        愛器「二つ星小」          (たーちぶしぐゎー)。         


by niraikanai76

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

カテゴリ

唄三線
三線独学のススメ
沖縄以外の音楽のこと
沖縄新婚旅行(三線探しの旅)
沖縄考
介護のこと
映画
読書
父親になった
ひとりゆんたく
酔狂歌人のこと
酔狂歌人にメールする
食材確保の魚釣り

以前の記事

2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2007年 11月
2007年 10月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月

オススメリンク

お気に入りブログ

やいまぬ風
有言、いつか実行。
三線弾きはカジマヤーで魂...
島々のくも

ライフログ


はじめての三線―沖縄・宮古・八重山の民謡を弾く


風狂歌人~ザ・ベスト・オブ嘉手苅林昌~


よなは徹 プレゼンツ カチャーシー・ア・ゴーゴー


連続カチャーシー2005


よなは徹 プレゼンツ ウチナー わらべうた

最新のトラックバック

検索

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧

<   2010年 09月 ( 7 )   > この月の画像一覧

浜三線~夏は皮が緩む?

夜の浜で(といいましても、護岸されていますが)
唄三線の練習をしています。
夏から、今も続けています。

この「浜三線」
気象によって、三線の音が変わります。
もう、明らかに変わります。

夏、猛暑日が続きました。
夏の場合ですと、日照りが強いです。
太陽光線はそれこそ、海上にも
陸上にも、わけ隔てなく注がれます。

同じような強烈な太陽光線が注がれても
海上と陸上では、気温の上昇度が全然違います。
海上は海水があるせいで、そんなに温度が上昇しません。
一方、道路や建築物など、蓄熱されるようなものが満載の陸上は
海上に比べて気温の上昇が激しいのです。

空気は、暖められると軽くなります。
軽い空気は、上空へ上がっていきます。
陸上の空気が、これです。

一方、そんなに気温が上昇しない海上の空気は
陸上の空気に比べて、重いのです。

陸上の軽い空気が上昇したそのスペース(?)に
海上の重い空気が流れ込みます。
いわゆる「海風」です。

夏の昼間、このように
海辺では海上から陸に向かって
強い風が吹きます。
これを「サーマルウィンド」といいます。

このサーマルウィンドが
日没後も、よく続いています。

私が唄三線をしに行く時間にも
よく吹いていました。
風の強弱にもよりますが
海上の湿気を含んだこの風に、三線が当てられると
すぐに「ボンボン」というような丸い音になります。
エアコンの効いた室内では張りのあった音も
浜に来ると、こんな調子です。
三線に張られている皮が、湿気を吸うためですね。

風が強い日なんかに練習しに行きますと
もう最悪です。
潮風で棹もベタベタになってきます。

こんな日は、三線をしまい
夜の海を眺めたり、河口近辺で大きなスズキを
ルアーで釣り上げている人を見ていたりしていました。
(波っ気がある日は、スズキが餌である小魚をよく追いかけています)
三線には、あんまり良くなさそうな風なので
練習はお預けにしたりしていました。

そして家に帰り、エアコンの効いた室内に
三線を置いておくと、知らない間に
海に行く前の張りのある音がよみがえっています。
面白いです。

が、こんなことをいつもしていると
本当に三線の皮が破れたりしそうです。
が、今のところなんともありません。

今日は、サーマルウィンドも吹いていませんでした。
というより、気温が急に下がってきたここ数日は
海上よりも陸上のほうが気温が低いので
逆に「陸から海上に向かって吹く風」
が吹いているのです。
暑くもないですし、風も穏やかで快適です。

f0010549_22392824.jpg


が、サーマルウィンドも吹かなくなり
夜の浜からも、遊びに来る人影がめっきり減り
なんだか「夏の終わり」をひしひしと感じました。

サーマルウィンドがビュンビュン吹き
花火の音や、バーベキューや浜で遊んでいる人たちの声がして
とてもにぎやかだった夏の浜が、少しだけ懐かしくなりました。
by niraikanai76 | 2010-09-28 22:33 | 唄三線

冬支度??

真夏日から一転、
今回の台風12号の影響か
一気に寒くなってしまいました。

私の住む、神奈川県藤沢市も例外ではなく
ほんの1週間くらい前までは、海パン一枚で海に入っても
それでも暑いくらいだったのですが
(9月半ばになっても、海パン一枚で海に入れる状況もかなり異常ですが…)
昨日などは、ウエットスーツを着ていても
凍えるように寒かったです。

悪天候などで
ここ数日、浜三線をしていません。
これからどんどん寒くなっていく中で
三線の練習をどこでやるかは
重要な課題です。

以前、一度購入したのですが
使わなくなってしまい、行方不明になった
「消音ウマ」
の再度の購入を、真剣に検討しています。

最近、改めて思います。
「唄三線」に限らず
楽器や音楽の練習については
「できないところを集中して、手癖になるまで練習する」
ということの大事さを。です。

どうしてもできるようになりたい曲が
今のところ3曲あります。
「もの」にできるようになるまで
がんばります。

しかし、寒いなぁ。
限界になるまで、浜での練習は続けます。
by niraikanai76 | 2010-09-26 01:30 | 唄三線

かりゆしの夜

先日、9月18日
「とぅばらま家」にて
このお店の三線マスター
「こうちゃん」の結婚祝いの宴会がありました。

私も、参加させていただくべく
藤沢から電車に乗り、2時間
秋津のお店を目指したのでした。

15時頃お店につくと
お店の仲間たちが
準備に取り掛かっていました。

私も、できることを手伝ってみました。
が、この用意周到な「手作りの会」
とても手作りとは思えないほど
いろんな企画が目白押しでした。

実行委員長の「杉さんご夫妻」
の企画力と、実行力
ただただ脱帽しました。

みんなで飲み、食べ
ひたすらお祝いしたと思います。

そして、余興。
杉さんがご夫婦で歌う「かじゃで風」で幕開けしました。
琉球古典のコンクールで、優秀賞に挑戦中のご夫妻です。
すばらしい演奏でした。

宮古島三人組(マスター含む)が
大騒ぎしていました(笑)
「ズミ!ズミ! ズミズミズミ!」
と拍子をつけて騒いでいました。
本当にこの人たちは宴会好きです。
一緒に飲んでいると、本当に楽しいですね。

ズミ!
は、宮古の言葉で「最高!」
というような意味。だったと思います。

私はというと、
最後に演奏させていただきました。
トリとは、緊張します。
こうちゃんの出身地の唄
「本部ナークニー~カイサレー」
そして、歌詞に山原のことが歌われているバージョンで
「国頭ジントヨー」
を演奏させていただきました。

今回の演奏は、呼んでいただいた喜びと
また、こうちゃんの結婚のお祝いができる喜びとで
本当に心から楽しく演奏させていただきました。

最後に、杉さんのご主人と私と
「唐船どーい」
「張水ぬクイチャー」
を演奏しました。
とくに「クイチャー」には
またまた「宮古島三人組」が
大騒ぎ(笑)
演奏を盛り立ててくださり
本当に楽しかったです。

忘れられない「かりゆしの夜」
となりました。

参加させていただいて
本当にありがとうございます。

こうちゃん、ほんとうにおめでとうございます。

また、「とぅばらま家」の仲間たち
みんな素晴らしい人たちばかりです。
みんな、自分の事のように喜んでいました。

まだ「とぅばらま家」に行かれたことの無い
所沢近辺の沖縄好き、三線好きの皆様
仲間に、なりませんか?
とてもいい場所ですよ~。

また次回の演奏のため
私は
「山原汀間当」

「加那ヨー」
を練習中です。

次もがんばるぞ~!
by niraikanai76 | 2010-09-21 17:32 | 唄三線

アララガマ!

このブログでたびたび記事にさせていただいている
「とぅばらま家」
私のお気に入り、というか
もう、三線においては「ホーム」というべき
場所なんですが…

この「とぅばらま家」
八重山民謡の曲名「とぅばらーま」
を店名に掲げているにもかかわらず
店主は「宮古島出身」という
なんとも面白いお店です。

店主は、いつも愉快ですし
常連の誰かがいれば
かなりの確率で、三線が鳴っています。

私はこのお店で
初めて「アララガマ」という言葉を知りました。
店主が教えてくれたのです。
簡単にいえば「負けるものか!」
という気概を表す宮古の言葉
また、その精神。
ということになると思いますが。

私の日常、
仕事や、いろんなことで苦しいとき
この言葉を、思い出しています。
ありがたい言葉を、教えてもらいました。

私は今、神奈川県に引っ越してしまったので
お店にはせいぜい月に一度か二度くらいしかいけないのですが

所沢近辺にお住まいの方で
沖縄や三線が好きな方には、ぜひ足を運んでいただきたいので
ご紹介させていただこうかと思い、記事にしました。

「とぅばらま家」

最寄り駅…武蔵野線「新秋津駅」

日曜定休

料理もおいしく、三線も弾けるお店。
沖縄料理店が少ない所沢近辺では
かなり貴重なお店です。

私の三線を、預けてあります。
(久葉ぬ骨型)
興味のある方は、マスターにお願いして
弾いてみてください。

きっと、楽しい時間がすごせるはずです。

新秋津の沖縄料理店
「とぅばらま家」を、どうぞよろしく!!


店舗サイト
http://homepage2.nifty.com/toubarama-ya/
by niraikanai76 | 2010-09-16 22:58 | ひとりゆんたく

まだ、ひとり三線

前回の記事で、
某三線クラブ参加のため
「一人三線を脱却するかもしれません」
と、堂々と書かせていただいたのですが…

実は、あの日の日中に
勤務先で急変された方がいらっしゃいまして。
夕方から、病院で付き添わなくてはならなくなり…

結局、しょっぱなから
「欠席の連絡」
を入れなくてはならなくなりました…

先生は、
「三線の<クラブ>なんですから、
そういうことがある場合は、仕方ありませんよ~
ぜんぜん気にされず、次回の参加を
お待ちしていますね~」

と温かいお言葉をいただきました。

ただでさえ、不定休…
のうえに、たまにこういうことがあるとなぁ。
「民謡教室」
は、やっぱり私には
敷居が、高いですねぇ。

次回の参加、楽しみです。
by niraikanai76 | 2010-09-15 21:44 | 唄三線

一人三線、脱却??

三線を、一人で6年ほど(ブランクもありますが)
やっています。

私は、仕事の関係で
「決まった曜日の決まった時間に、決まった場所に行く」
というのが、困難です。

ですから、誰にも習わず
今までやってきました。
「習いたいなぁ、自分の唄三線がいいのか悪いのか、わからないし」
という気持ちも、正直あります。
ですが、上記の事情で
ずっと一人で唄三線をしてきました。

が、
「一人三線脱却」
ということに、なるかもしれません。


先日
Yさんという方にお会いしました。
隣町で、三線工房を営んでいるとの情報を
インターネットで知ったのです。

Yさんの所に
「ティーガー(三線の胴巻き)」
と弦を買いに行ったのです。

このYさん。
実は、某民謡流派の教師免許を持っておられる方です。
「三線工房」とはいっても
実際のところ、神奈川県では
蛇皮の入手も困難で、
今はもっぱら
カラクイの交換や備品の販売交換など
「修理」をメインにされているとのこと。
また、ライブ活動や
三線クラブの主宰もされているらしい。

そのYさんの主催されている
「三線クラブ」
レベルによって、さまざまなクラスがあり
「クラスのはしご」もOK。
また、私のような状況の方も
多くいらっしゃる、とのお話しや
どうやら活動も盛んな様子であるとのお話しを聞きました。

実は明日、
私はその「三線クラブ」に
初めて参加させていただくことになったのです。

約2時間の間ですが
初めてのことなので
少し緊張しています。

が、ほかの
唄三線する方々と
お会いするのが、今から楽しみです。
by niraikanai76 | 2010-09-11 20:31 | 三線独学のススメ

一瞬で、沖縄に

今日、いつもの通り
浜で三線の練習をしてきました。

いつもと違う、何かがいつもとは違っていたので
記事にしたいと思いました。

夕方6時
空が暗くなるかならないか位の時間に
浜に行きました。
この時間、
はるか西の、箱根のほうに
夕日が沈んでいくので
とてもきれいな光景が見られます。

どっぷり日が暮れたので
私はいつものように三線を弾き始めました。
9月半ばまでに、できるようにしなければならない曲が
数曲あるので、それの練習をしていました。

私が練習している場所は、浜の上の護岸された場所なので
土日ともなると、夜までバーベキューなどをしているグループが
ちらほら、います。
今日も、何組かそのようなグループがいました。

私が三線を弾いていると
私の後ろを、何度も行ったりきたりしている
若者2人組みが…
まだ、10代後半か20代前半くらいでしょうか
3往復くらい、していたと思います。

その若者2人に
声を掛けられました。
しゃべり方で、明らかに沖縄の人だと思いました。
「沖縄の人ですか?」

沖縄の人間ではないことを説明すると
若者の一人が、このようなことを
話し始めました。

「僕たちは、沖縄出身です
向こうで、5人で飲んでるんですけど
5人のうち、4人が沖縄の人です
一緒に飲んでいる先輩が
あそこで三味線弾いている人に
こっちにきてもらえ、食べ物も酒も
何でもあげるからっていって来い。
そうやって、いうんですよ。
一緒に、飲みませんか?」

もう一人も
「踊りたいたがってます。
お願いですから、三味線もって
来てくれませんか?」

こんな話になり
私は若者たちに
三線のケースやら、手荷物まで持ってもらって
この人たちのグループのところへ
遊びに行かせていただきました。

聞けば
このグループ
同じ会社の、仲間なんだそうです。
土曜日で、親睦のために浜に飲みにきていたようです。
5人のうち、4人が沖縄出身の方。
その「沖縄出身でない1人」とは、なんと社長だそうです。

私が弾いて歌うと、指笛や囃子
手拍子や踊りで、楽しんでくださいました。
私も、こんな状況で三線を弾くなどというのは
めったに無いので、本当に面白かったです。
一瞬で、沖縄に来たかのような気分になりました。

さらに驚いたのは
若者の一人。
周りにあおられて、「三線を弾け!!」
などと言われていました。
彼は、何度も「いいっす、おれは本当にいいっす」
と何度も断っていたのですが
私が三線を渡すと、三線を弾いてくれました。

この彼が、唄も三線も
べらぼうに上手だったのです。

若者2人は23歳、沖縄県南部のある青年会で一緒だったそうです。
三線を弾く方は、なんと両親に5歳の時に民謡教室に入れられ
20歳になるまで(こちらに来るまで)
ずっと唄三線をしていたそうです。
そりゃ~、上手いはずです。

エイサーでやるような曲から、
カチャーシーまで
ほんとに、上手でした。
彼に、私の三線を弾いてもらえて
本当にうれしかったです。
「すごいなぁ。自分の三線
こんなに良い音が、するんだなぁ」
なんて聴き惚れてしまいました。

このグループの沖縄出身の方で
一番の年長者が、Hさんという方でした。
このHさんが、一番うれしそうにされていました。
「島に帰ったような気持ちになった
ありがとうありがとう。ニフェーデービル!」
なんて、いわれてしまいました。
Hさんは、50代半ばくらいでしょうか。

三線上手の彼が三線を弾いて歌っているのに合わせ
沖縄出身の方々は、大騒ぎです。

それを、いただいたビールを飲みながら
眺めていた私に
社長が話しかけてくれました。

「Hさん、いい顔しているなぁ。
Hさんが、とてもまじめに仕事してくれるから
彼を慕ってやってくる沖縄の人たちを雇っていたら
気づいたら、沖縄出身じゃないのは
俺だけになっちゃってなぁ!」

なんて、大笑いしていました。

「Hさん、大変なんだよ
沖縄に家族を残してな、
こっちで働かなきゃならないんだな。
1ヶ月、有給休暇をあげるから
島に一ヶ月帰るように言ってるんだけど
言うこと聞かないんだよな」

人には、いろんな事情があります。
この社長の会社で
皆さんがどのような仕事をし
Hさんに、どんな事情があるのかも
私にはわかりません。

ですが
島に帰りたくても
帰れない(帰らない?)

そんな人たちの
楽しみの時間に
同席できたことが
私にはとてもうれしかったですし
三線上手な彼に会えただけでも
良かったです。

社長も
Hさんも
若い三人も
みんな面白い人たちでした。

私が浜に持っていった
一本の三線。
それで、こんなに
楽しそうにしてくれるとは。
とてもうれしかったです。

私が帰るときには
山のような缶ビールと
一瓶の泡盛まで、いただいてしまいました。
(帰りに、重すぎてビニール袋が破れてしまいました)

みなさん、ありがとうございました。
とても、良い時間でした。
by niraikanai76 | 2010-09-04 22:37 | 唄三線