唄三線のある日常。        愛器「二つ星小」          (たーちぶしぐゎー)。         


by niraikanai76

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリ

唄三線
三線独学のススメ
沖縄以外の音楽のこと
沖縄新婚旅行(三線探しの旅)
沖縄考
介護のこと
映画
読書
父親になった
ひとりゆんたく
酔狂歌人のこと
酔狂歌人にメールする
食材確保の魚釣り

以前の記事

2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2007年 11月
2007年 10月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月

オススメリンク

お気に入りブログ

やいまぬ風
有言、いつか実行。
三線弾きはカジマヤーで魂...
島々のくも

ライフログ


はじめての三線―沖縄・宮古・八重山の民謡を弾く


風狂歌人~ザ・ベスト・オブ嘉手苅林昌~


よなは徹 プレゼンツ カチャーシー・ア・ゴーゴー


連続カチャーシー2005


よなは徹 プレゼンツ ウチナー わらべうた

最新のトラックバック

検索

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧

那覇ハーリー。自衛隊チームが強い秘密。

ハーリー。「爬龍」と書くんですよね。
有名なのは「糸満ハーリー」と「那覇ハーリー」でしょうか。
私も一度は見てみたいです。

中国から伝来したもので、琉球王朝のときから
今に伝わるものなんだそうです。
およそ、600年の歴史を誇り
中国から冊封使が来琉した際には
首里の「龍譚池」でも開催されていたとか。

旧暦の5月4日(ゆっかぬ日)に「豊漁」と「安全祈願」の意味をこめて
沖縄県内の漁業が盛んな地域で行われる行事で
「爬龍船」による競争をします。

ほかの地域のハーリーは、旧暦の5月4日に行われるらしいのですが
那覇ハーリーだけは、新暦の5月3日~5日にかけて行われているそうです。
この時期はゴールデンウィークと重なるため
観光客に見てもらいたい。という意図があるらしいのですが、サービス精神旺盛な
ところがありがたいですよね。
那覇ハーリーは歴史も長く、廃藩置県で一度は廃止になったそうですが
1975年に復活したそうです。それから、今に続いているとの事。

毎年、那覇新港で行われているそうですが
壮大なんでしょうねぇ。ハーリーに魅了されてしまう観光客も
いるそうですし、地元の人達もかなり熱くなるそうです。

那覇ハーリーと、他の地域のハーリーとの一番の違いは
「舟」にあるそうです。
他の地域では大体「サバニ」と呼ばれる漁業用の舟に
漕ぎ手10名、舵取り1名で乗船するそうですが
那覇ハーリーに使われる船は、全長14.55m。重さ2.5t。と大型。
乗組員も、漕ぎ手32名。鐘打ち2名。旗持ち6名。と
全員で42名の人達が舟に乗って、競争するそうです。

中学生チームから社会人チームまで、幅広いチームが
多数参加されるそうですが、この中でもダントツに強いのが
「自衛隊チーム」なんだそうです。

このブログにたびたび登場していただいている
那覇基地に勤務の長かったという
元航空自衛隊の同僚に教えていただきました。

「那覇ハーリーね。あれは自衛隊が、強いです。
優勝を、陸・海・空で争っていますよ。」

私「え~!?それでは地元の人達は、つまらないでしょう。」

「いやいや。観光客も多いですしね。それに全員ではないでしょうけど、
地元の人達も、力強いハーリーには喜んでくれていますよ。」

私「普段から鍛えている自衛隊では、なかなか一般のチームは
太刀打ちできないでしょうねぇ。」


とこんな会話から「自衛隊ハーリーチームの練習方法」を教えていただきました。

自衛隊基地内には、訓練用のプールがあるそうです。
そのプールに、ハーリーの舟を浮かべる。
そして舟の前後と、プールサイドをワイヤーで固定するそうです。
で、それに乗り込んで参加メンバーでひたすら漕いで練習するそうです。

なんというスパルタンな練習!!
漕いでも漕いでも前に進まない船を漕ぐ。というのは
精神衛生上、あまりよろしくないのでは?などと思ってしまいそうですが
実際には皆さん、それどころではないような勢いで練習に励むみたいです。

那覇ハーリーが近づくと「特別訓練」と称して、
ハーリー練習の為の特別な時間があるのだとか。

「動かない船を漕ぐ、というのはとても疲れるんですよねぇ。」
と笑いながら教えてくださいました。

普段から、マラソンや筋力トレーニング、そして過酷な訓練。と
鍛えている自衛隊の人達が、那覇ハーリーが近づくと
上記のような練習を「特別訓練」なんていう時間をわざわざ作って
やっていれば、それは強いはずです。

この、度々ブログに登場していただいている方は、
とても沖縄を愛されている方です。
「もう一度、沖縄に住みたいですねぇ。
ハーリーも、もう一回やりたいですねぇ。練習は、辛いですけど。」
と遠い目で、話されていました。
by niraikanai76 | 2006-01-27 17:35 | 沖縄考